MacBook Air 13 mid2012のメモリを4GBから8GBに増設してみた。

すっかり改造に夢中になってしまい、とうとうメモリの増設までしてしまいました。

メモリ増設といっても、MacBook Airの場合、メモリはロジックボード直付のため、メモリのみを交換することはできません。

今回、実施した方法はロジックボードごと交換することでメモリを4GBから8GBへ増設しました。

金額も通常のメモリ増設よりもかかりますし、そもそもMacBook Air2012自体、今後のOSサポートが怪しい状況ですのので、あまりオススメではありません。

あくまで興味本位レベルということで。。。

スポンサーリンク

メモリ増設(ロジックボード交換)に必要なもの

1.ロジックボード

MacBook Air 13 mid2012用のロジックボードが必要です。

ヤフオクやメルカリでたまに出品されているかもしれませんが、私は見つけられなかったのでセカイモンというサイトを通してeBayで調達しました。

海外送料などの手数料込みで約2万円程度かかりました。(参考までに)

「MacBook Air 13 2012 Logic Board 」とかで検索するといくつかヒットします。

MacBook Air 13 2012 Logic Board | eBay
Find great deals on eBay for MacBook Air 13 2012 Logic Board. Shop with confidence.

品名に4GBや8GBと記載してあるので、8GBと記載されてあるのを購入すればよいと思います。

また、モノによっては修理品などの出品もあるので、商品説明に「Fully Functional 」と記載のあるものが安心です。

2.Macbook Air用 星型ドライバー 1.2mm(裏蓋取り外し用)

3.ヘクスローブレンチ T5(内部基盤取り外し用)

換装方法

11インチサイズですが、分解工房様のHPで詳しいロジックボードの交換方法が説明されているので、基本的にそちらを参考にしたら換装できると思います。

こちらでは13インチサイズと異なる箇所が2箇所だけあったので説明しておきます。

①冷却FANを固定している箇所が4つ

②ロジックボードの取付箇所が6つ

hdrpl

③換装後の確認

あまりトラブルなくロジックボードの交換ができました。

しっかり8GBで認識されています。

換装後のテスト

とりあえず、Chrome、iMovie、Parallelsを起動させた状態で、iMovieでエンコーディングしているときの状態です。

換装前(メモリ4GB)のメモリ状況
換装後(メモリ8GB)のメモリ状況

メモリの仕様状況を見ればわかりますが、Parallelsを起動しているかどうかで全く挙動が違いました。

4GBでもiMovieのみを起動して操作するなら問題はないですが、Parallelsを起動すると動作がモッサリなりました。

一方で、8GBであればParallelsを起動していても動作の劣化は感じませんでした。

まとめ

Parallelsなどの重いアプリを使用する人には、メモリ換装の効果は確実にあります。

ただし、このMacBook Air2012をあとどのくらい使用するのかを考慮すると、あまりコストパフォーマンスがいいとも言えません。

冒頭にも説明したとおり、あくまで興味本位でやってみたいという方がいれば、自己責任のもとチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました